メニュー

企業歯科検診

企業歯科健診 1

企業検診のメリット

企業歯科検診の大きな目的は、疾患の早期発見です。
多くの企業では健康診断を受けさせることが義務付けられていますが、歯科検診はほとんど行われていません。
歯の健康は全身の健康にも大きくかかわっています。
特に歯周病は、生活習慣病のひとつであり、高血圧や糖尿病など様々な病気と密接に関連していることが明らかにされています。
これからは、予防・早期発見・早期治療により貴社の従業員の歯科疾患を未然に防ぐことが必要になってきます。
また貴社にとっては、福利厚生の向上に寄与するとともに医療費の削減につながります。

健康状態の向上が医療費削減を実現する

日本では予防歯科が普及し始め、日頃から歯のメンテナンスを行う人が徐々に増え始めていると言われています。しかし、先進国から比べるとまだまだ治療が必要になってから歯科医院へ行くことが多いのが現状です。
現在、「健康経営」という考え方が取り上げられています。これは、社員の健康状況が向上することにより組織が活性化し、結果的に業績向上・雇用の安定につながってきていると言われています。
当院では、企業様に対して「健康社会を支える歯科医師と産業の連携」のために定期歯科健診を行っております。

企業歯科健診 2

企業検診を導入する3つのポイント

  1. 仕事上で、口腔内が原因のミスを減らす

    顧客との関わりにおいて口臭や歯並び、歯の汚れなどが起因で仕事の是非が決まってしまうことがあります。
    特に、顧客接点の多い営業やコンサルタントの方は、衣服の身だしなみと同レベルで口腔の身だしなみが大切になります。
    歯科検診を通して口腔の身だしなみを整えるための土台を作ることが出来ます。

  2. 企業のイメージの向上が図れる

    昨今、健康診断をインセンティブに組み込む企業が多くなってきています。
    メインテナンスや健康診断の受診率向上は、企業が健康を意識し、社員を大切にしているという信頼性を担保することに繋がります。大手の企業などは積極的に企業検診を導入し、社員の健康状態の向上は顧客やその家族にとっても「安心感」を提供することに繋がっていると言われています。

  3. 福利厚生の趣旨

    定期検診は自由診療で実施されます。社員への健康投資としてのアウトカムを出せる質が担保出来ます。定期検診の受診は、すべての社員と家族に機会公平であるという観点で、福利厚生の趣旨を満たしています。

検診内容(約30分程度)

下記の状態を診査します。

  • 口腔内細菌数検査
  • 歯垢の付着度
  • 歯石の有無
  • 虫歯
  • 根面の異常
  • 歯肉の問題(歯周病)
  • 舌苔
  • 口腔粘膜、舌の状態
  • 義歯の汚れ
  • 歯並び、かみ合わせ、顎関節の異常

最後に、診査結果報告書をお渡ししております。

費用 ¥8,000-(税抜き)

(注) 実際に治療、歯石除去などは行いませんが、歯に関する疑問などはご遠慮なくお聞きください。

予約について

貴社担当者様から、ご希望の人数、日時をお電話でお伺いしたのち、ご相談の上、予約を決めさせていただきます。

予約、お問い合わせ電話番号 03-3470-3317 (受付時間:9時00分~17時00分)

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME