メニュー

矯正歯科

 日本矯正歯科学会認定医が治療を行います

当院の矯正治療は、日本矯正歯科学会認定医・歯学博士(矯正学)の資格を持った歯科医師が治療を行います。
正しい知識と豊富な実績により患者様に安心して治療を受けていただける体制を整えています。
無料相談も実施しておりますので、お悩みのことがあれば気軽にご相談ください。

 

乱れた歯並びが与える影響

虫歯 歯と歯が重なっていたり、隙間が多かったりするため、歯磨きがしにくく、虫歯になりやすくなります。
頭痛・肩こり 乱れた歯並びでは咀嚼がしにくいため、力のかかり方がアンバランスになり頭痛や肩こりの原因になります。
発音 隙間から息がもれたり、舌が動きにくかったりするため、正しく発音できないことがあります。
顎関節症 噛み合わせの乱れは顎関節症の原因のひとつになります。
 
 

歯並びをチェックしませんか?

あなたのお口はどれかに当てはまっていませんか? 
もし当てはまるようでしたら、矯正治療が必要かもしれません。
 
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)上顎前突
    いわゆる出っ歯といわれる歯並び。
    上の前歯もしくは上顎全体が前に飛び出している状態です。
  • 反対咬合(はんたいこうごう)反対咬合
    いわゆる受け口といわれる歯並び。
    下の前歯もしくは下顎全体が前に飛び出している状態です。
  • 上下額前突(じょうげがくぜんとつ)上下額前突
    上下の歯もしくは上下の顎全体が前に出ている状態。
    唇が閉じにくいという弊害があります。
  • すきっ()すきっ歯
    歯と歯の間にすき間がある状態。
    食べ物が詰まる、咀嚼しにくいなどの弊害があります。
  • 叢生(そうせい)叢生
    乱ぐい歯ともいわれる歯並び。歯が重なり合ってデコボコとした状態です。
    歯磨きがしにくく虫歯の原因にもなります。
  • 過蓋咬合(かがいこうごう)過蓋咬合
    上の歯が下の歯をすべて覆っていて見えない状態。
    発音や咀嚼がしにくくなります。
  • 交叉咬合(こうさこうごう)交叉咬合
    一部分のみ下の歯が前にでている状態。
    噛む力が片方に偏りバランスが悪くなります。
  • 開咬(かいこう)開咬
    奥歯を噛み合わせても前歯が閉じない状態。
    咀嚼や発音に悪影響を及ぼします。

目立たない矯正「インビザライン」

インビザライン

 歯並びが気になるけど矯正装置は目立つからつけたくないという方も多くいらっしゃいます。そんな方におすすめなのが当院で扱っている「インビザライン」。取り外しがきく透明なマウスピースなので目立たず、装置をつけていることを気づかれずに矯正治療を行えます。最新の矯正治療「インビザライン」の特長についてご紹介いたしますので、ご興味があればぜひ当院へご相談ください。

 

  • 透明なので矯正治療中でも気づかれにくいインビザライン2
    装着していてもほとんど見分けがつかないため、「矯正装置が目立つのが気になる…」と治療をためらっていた患者様でも、安心して治療が受けられます。
  • 痛みが少ない
    インビザラインは従来の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。ひとつのマウスピースで動かす歯の移動量は0.25mmと少なく、過度な力がかかりにくいためです。また、ワイヤーやブラケットを装着する場合は粘膜を傷つけることがありますが、インビザラインならその心配がありません。
  • 取り外しにより洗浄できるため衛生的インビザライン3
    インビザラインは取り外しできるため、まるごと洗浄でき衛生的です。また、通常のブラッシングを行えるため、お口の中の汚れを落とすのも簡単です。
  • 金属アレルギーの心配がない
    従来の金属アレルギーがあるためワイヤーによる矯正治療を諦めていた方も、インビザラインは金属を使わないため金属アレルギーの方でも治療することができます。
  • 薄いので発音がしやすい
    インビザラインは、ワイヤーの煩わしさがありません。薄いため発音がしやすく、治療中の負担が少ない矯正です。
  • 通院回数が少ない
    マウスピース矯正は、2~3週間ごとに新しい装置に取り換えて少しずつ歯を動かす治療法のため、都度歯型を取りに通院する必要があり、患者にとってはこの通院回数の多さが負担となっていました。
    インビザラインは基本的に初診時の1回のみ歯型をとれば、あとは3次元画像化技術とCAD/CAM技術により各ステージのマウスピースをまとめて作成して渡してもらえるので、通院回数を大幅に減らすことができます。

インビザラインは目立ちにくいため周りに気づかれずに歯並びを改善でき、患者様の負担も少ない矯正治療です。矯正装置や金属アレルギー等の理由で矯正治療をためらっていた方はぜひお試しください。

 

最新の舌側矯正(裏側矯正・リンガル矯正)最新に舌側矯正

インビザラインの他に、裏側にブラケットを取り付ける「舌側矯正(リンガルブラケット)」の装置も取り扱っています。歯の裏側にとりつけるため、正面からは矯正装置が見えず目立ちません。また装置が唾液で殺菌されるため虫歯になりにくいというメリットもあります。当院では、最新の舌側矯正(リンガルブラケット)を使用しております。より効率的で良質な治療が達成できるようになりました。

 

 

【最新の舌側矯正「アリアス」】

アリアス1

アリアス2

 

従来のワイヤーに比べ、ワイヤーの着脱が早く、診療台に座っている時間も短縮できます。また、最適な力のワイヤーは摩擦が少なく歯の移動をスムーズにするため、治療に要する期間も短縮されます。弱い力で歯を移動させるため痛みが少なく、歯にも患者樣にも優しい治療法といえます。

 

その他取り扱い矯正装置

【リンガル矯正(裏側矯正)】

リンガル矯正(裏側矯正)

歯の裏側に取り付ける矯正装置です。

【メリット】

・正面からは矯正装置が見えないため目立たない

・装置が唾液で殺菌されるため虫歯になりにくい

【デメリット】

・他の矯正装置と比較して治療費が高額になる

・表側の矯正より治療期間が長くなりやすい

・舌に装置が当たるため慣れるまで発音が不明瞭になりやすい

 

【メタルブラケット】

メタルブラケット

金属製のブラケットにワイヤーを通して歯を矯正します。

【メリット】

・多くの症例に対応できる

・比較的費用がかからない

・壊れにくい

【デメリット】

・矯正装置が目立つ

・金属アレルギーの場合は適さない

 

【クリアブラケット】

クリアブラケット

透明なブラケットにワイヤーを通して歯を矯正します。

【メリット】

・メタルブラケットと比べ目立ちにくい

・金属アレルギーの心配がない

【デメリット】

・費用が高額になる

 

【セラミックブラケット】

セラミックブラケット

歯の色に近い白いブラケットにワイヤーを通して矯正します。

【メリット】

・メタルブラケットと比べ目立ちにくい

・金属アレルギーの心配がない

・白いワイヤーも選べる

【デメリット】

・費用が高額になる

 

症例紹介

CASE.1

case1before

Before

case1after

After

CASE.2

case2.before

Before

case2after

After

CASE.3

case3before

Before

case3after

After

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME